こんにちは、らいおんハート鍼灸整骨院(鍼灸師)の吉田です。

先月の終わりに梅雨明けが発表されて、早い梅雨明けだと感じていましたが、

7月に入り佐久市は梅雨が戻ってきたように、梅雨時期よりも梅雨らしい天気

です。

訪問でお伺いしている患者さんは、天気の変わり目に腰や膝が痛くなるとお

話されていて、この時期は辛そうにされています。先日お伺いした所、いつも

と様子が違ったため、「天気の変わり目で体調が良くないですか?」とお聞き

したところ「実はね、深夜に突然電話が鳴って急いで起きて電話にでようと

したら何だか背中が痛くてね」とお話しされました。背中の痛みと違和感で、

いつもと様子が違うように見えたのです。おそらく、布団から出て起き上がっ

た時に筋肉が急に引っ張られて筋肉の線維が切れてしまったのではないかと思

い、患部を確認したところ強い圧痛を確認できました。この筋肉にできた傷を

日にち薬やシップ、痛み止めだけで対処すると筋肉の傷は残り続けます。この

傷の部分は筋肉とは別の組織に置き換えられて残り、筋肉ほどの伸縮がないの

で、肩や腰、膝などで動かしにくい、つまり肩が上がらないや腰が痛い、膝が

伸びない、曲がらない等の原因になってきます。そうすると、痛いから動きた

くない、動けないという結果になりお年寄りは寝たきりになってしまいます。

もし、これが原因で私は動けなくなっているのではないだろうか?歩行困難

になっているのでは?と感じた時は、一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

上記のような症状やお悩みをお持ちのお方がいらっしゃいましたら是非一度らいおんハート整骨院 吉田(ブログ作成者)までご相談ください。

 

痛みのない日常と活動的な毎日を応援するらいおんハート整骨院吉田でした。

訪問鍼灸

また、らいおんハート整骨院では交通事故による外傷やむち打ちによる頸椎捻挫を専門とした『むち打ち外来』の開設と、歩行が困難でご通院がなかなかしにくい方の為にご自宅で鍼、灸、マッサージ療法を受けて頂ける『らいおんハート訪問鍼灸院』も併設しております。お困りの事や気になる事がございましたら0267-63-3333 院長 新田 寛記(一度代表に繋がりますので整骨院あてに)までお電話頂ければ幸いです。