皆様、こんにちは村元です。

少しずつ暖かい日が増えてきていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 今日は、交通事故後に起こることが多い、「むちうち損傷」についてです。

「むち打ち」について。

むち打ちは事故直後にあまり症状が現れないという

やっかいな特徴があります。552eed8f40efe19db7d545e197d405ad

 病院でレントゲン検査やMRIなどの

画像検査を受けても多くの場合、骨に異常なしと

診断され、湿布や鎮痛剤を処方されるのが実情です。

 その結果、次第に腫れや痺れ、首や背中のハリ感、

腰痛、脚の痺れなど広範囲にわたって

症状が現れることもあります。

 

 

 直接の原因は外からの強い衝撃や

不意を突かれた状態での衝撃、

身構える事の出来ない様な速い衝撃などで

頸椎に直接ダメージを与えてしまうのがポイントです。

 そのため頸椎に炎症を起こし首の痛みや

腕、手の痺れの原因となります。

正常時はやや前傾しているはずの頸椎カーブが

失われストレートネックを引き起こすこともあります。

 この状態は体に極度の緊張を強いるため

次第に腰痛や肩の痛み頭痛、吐き気など

全身症状に繋がって行きます。

また全身化、慢性化し数十年経っても

症状が治らない人もいますので安静にしたら

良くなるだろうと安易な自己判断は禁物です。

 当院のMPF療法はそんな、症状に対して患部の状態を確認し、適切な刺激で傷ついた組織の回復力を高めていきます。

お心当たりのある方は一度、ご相談ください。