こんにちは、らいおんハート整骨院佐久 柔道整復師の服部です。

今回は、交通事故にあった際、損害賠償はいつまでできるのか?というお話をさせて頂きます。

 

交通事故の損害賠償請求には、時効があります。加害者に対しては3年もしくは20年、保険会社に対しては3年です。

原則として長引いた治療期間や後遺障害が発生した場合、治癒や症状固定時から時効が進行します。

時効中断の方法もあります。

いつまでも放置してしまうと、請求権が消滅してしまいます。交通事故が起こった時から原則として、

加害者に対して3年間になります。保険会社に対しては自動車損害賠償保障法の改正により、平成22年4月1日以降に発生した事故については、保険金等の請求権の時効は3年になりました。それ以前に発生した事故については2年となります。

 

加害者が誰か分かっている場合・・・交通事故により損害を受けた時から3年間

加害者が後でわかった場合・・・被害者を知った時から3年間

加害者が分からない場合・・・交通事故により損害を受けた時から20年間

 

保険会社に対して・・・交通事故により損害を受けた時から3年間

 

治療が長期化した場合・・・主治医から治癒もしくは症状固定と診断された時から、保険会社に対して3年間

または加害者に対して3年間

後遺症が発生した場合・・・症状が固定して後遺症の残存が確定した日から、保険会社に対して3年間

または加害者に対して3年間

 

保険会社に対して保険請求権の時効が掛かっていても、加害者に対する損害賠償請求権に時効が掛かっていければ、加害者に対して損害賠償を請求することが出来ます。

この場合加害者の加入している任意保険会社が加害者に代わって示談交渉することになり、示談成立すれば、

保険金が支払われます。

 

時効を中断する方法

・催告は、6か月だけ時効が延長されます。この期間に訴訟を提起しないと時効が成立してしまいます。

・加害者や保険会社が時効中断の承認をすれば時効期間の進行が中断されます。

・後で争わないように、承認したことを証明する書類を作成してもらいます。

 

痛みのない日常と活動的な毎日を応援するらいおんハート整骨院 服部でした。

 

 

また、らいおんハート整骨院では交通事故による外傷やむち打ちによる頸椎捻挫を専門とした『むち打ち外来』の開設と、歩行が困難でご通院がなかなかしにくい方の為にご自宅で鍼、灸、マッサージ療法を受けて頂ける『らいおんハート訪問鍼灸院』も併設しております。お困りの事や気になる事がございましたら0267-63-3333 院長 新田 寛記(一度代表に繋がりますので整骨院あてに)までお電話頂ければ幸いです。