こんにちは、らいおんハート鍼灸整骨院の柔道整復師 服部です。

本日は、むち打ち症のバレー・ルー症候群について

お話させて頂きます。

 

バレー・ルー症候群とは

首の骨に沿って走る、後部交感神経が

交通事故による衝撃で、傷付けた際に発症します。

 

後部交感神経の損傷により、脳や脊髄の血流が低下し

自律神経のバランスが崩れる事により

以下の症状を発症します。

 

主な症状は

頭痛、眩暈、耳鳴り、吐き気、目のかすみ、流涙、動機、発汗など

も見られる為、診断が難しいとされています。

 

 

 

佐久市にお住いの方で

交通事故後、上記の症状でお悩みの方

一度当院へ御相談下さい。