こんばんは! らいおんハート整骨院の吉田です。

10月に入りここ2~3日は気温の差が激しく、体調を崩されていませんか?

10月は、季節の変わり目なので、

日中の寒暖差があり体の不調が出やすい時期です。

気温の寒暖差が7度以上ある時は、自律神経が乱れやすくなります。

この時、こんな症状が出ていませんか?

朝晩にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、顔が痒い、蕁麻疹、食欲が無い。

これは、風邪ではなく寒暖差アレルギーかもしれません。

医学的には血管運動性鼻炎という診断になることがあります。

寒暖差により自律神経が乱れ、血管の収縮が上手くいかずにアレルギーの様な

症状がでます。

思い当たる方は、少しぬるま湯に浸かって睡眠を十分取ってください。

筋肉を緩め血流を改善することによって、乱れた自律神経を整え症状を軽減

することが出来ます。思い当たる方は当院にご相談ください。