こんにちわ。らいおんハート整骨院の吉田です。

前回は、眩暈についてお話ししました。今回は、自律神経の乱れからくる冷え

についてブログを書いていきます。

全身に血液を送り出す役割の心臓を調節しているのは、自律神経です。そして

血管を広げたり、縮めたりするのも自律神経なのです。この調節がうまくいか

なければ、心臓から一番遠い手足は循環不要を起こし冷えてしまいます。

自律神経は、内臓の働きを調節する神経なので、自律神経の乱れは内臓の働き

をも低下させてしまい、熱をうまく産生できなくなってしまいます。

これは一大事なのです。何故なら、内臓は最も重要で消化や吸収、排泄等を

行い、生命活動にかかわってくるからです。その重要な内臓の働きを低下さ

せない為にも、手足の血流を内臓にまわす為、手足は冷えてしまいます。

筋肉の硬さによって血液循環が悪くなり、自律神経に酸素と栄養の供給が

滞ると、自律神経の働きは低下し、手足の冷えだけでなく内臓にも悪影響

となります。筋肉の硬さを取り、血液循環を良くしましょう。