こんにちは、らいおんハート整骨院の吉田です。

6月に入りジメジメした梅雨の季節になりますね。

この時期、体がだるいという、倦怠感に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

梅雨時期の体調不良は、梅雨前線の停滞によってもたらされる季節病と考えることができます。

私たちの体は気圧により自律神経のバランスが変化します。高気圧の時は交感神経が優位になり

低気圧の時は副交感神経の活動が優位に働きます。この梅雨時期の梅雨前線の近くには低気圧が発生しやすく

副交感神経が活発に働く為、筋肉や脳はリラックスした状態が続き体は倦怠感をおぼえるようになります。

朝から、体がだるい、重いという方は、熱めのシャワーを浴びるといいですよ。シャワーを浴びて交感神経を

優位にして活動モードにしましょう。

しかし、自律神経の乱れは季節的、気象的なものばかりではありません。筋肉の緊張によっても自律神経は

バランスを保てなくなる事があります。神経は筋肉の中、間を走行しますが筋肉の緊張やコリ、痛みはストレス

であり、交感神経を強く緊張させてしまい、体を休息させなければいけない時に上手く副交感神経に切り替える

事が出来なくなってしまいます。この時に体の防衛反応として一気に副交感神経に切り替え、その働きが強く出て

しまい、その結果体がだるい、重い、という症状があらわれます。

この、筋緊張やコリを解消する為、鍼(はり)という手段があります。鍼を硬くなった筋肉に打つことによて患部に

血液を集めて筋緊張やコリ、痛みを緩和させます。鍼は自律神経を整えるきっかけを与えてくれます。