皆さんこんばんは、

らいおんハート鍼灸整骨院、訪問担当の吉田です。

令和2年になり2月になりました。毎年この時期は

-10℃やそれ以下になる佐久市ですが、

今年は随分温かい日か続き、

雪も降っても殆ど積もる事はないです。

仕事をするにはありがたいですが、スキー場は雪が無いのは死活問題です。

まあ私はスキーをやったことはないのですが・・・。

膝の炎症の患者さんの治療経過を今回もブログで載せていきます。

浮腫みに関してはほぼ解消されたと考えて良いと思います。

残っていた熱感も左右差を感じさせません。

膝を触診すると恐らく膝の炎症を起こしていたと思われる、

筋肉の傷をはっきりと確認する事が出来るようになってきました。

浮腫みが出ていた頃はこの筋肉の傷がぼやけて形が捉えづらかったですが、

今では膝の外側と内側にはっきりと捉えられます。

この筋肉の傷は筋硬結と言い筋肉とは一旦別の組織に置き換わったものです。

この筋硬結を残しておくと日常生活を送っている

中で怪我をしてしまいます。(しやすい状況です)

この筋硬結周りは循環不良が起きるので痛みや、浮腫み、熱感が

起きてきますので今は、この筋肉の傷である筋硬結を

修復するべく治療を続けています。

また膝の治療経過をブログで書いていきます。

もし、膝の痛みや腰痛で自分一人で外出ができない、病院に行けない、

リハビリも痛くてできないとお困りの方は、訪問治療にお伺いさせていただきます。

初回は無料で訪問のご説明と体験治療ができます。気軽にご相談下さい。

上記のような症状やお悩みをお持ちのお方がいらっしゃいましたら

是非一度らいおんハート整骨院 吉田 竜也までご相談ください。

 

 

らいおんハート鍼灸訪問

担当 吉田 竜也

TEL:080-9447-6863

痛みのない日常と活動的な毎日を応援するらいおんハート整骨院吉田竜也でした。