らいおんハート整骨院佐久 柔道整復師の服部です。

本日は、頭痛に関係してくる、後頭下筋群のお話をさせて頂きます。

 

後頭下筋群とは、大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋の四筋から構成されています。

後頭下筋群に痛みが出ると大後頭神経、小後頭神経、後頭下神経など頭の後ろ側や耳、目など幅広い

範囲を支配しています。

これらの筋肉が硬くなると神経が圧迫されと、耳鳴り、目がかすむ、頭痛が起きます。脳の方に走行している

椎骨動脈という太い動脈が走行してしているため、圧迫されることにより眩暈が起こることもあります。

首には、自律神経が通っているため、冷や汗や全身が冷えるといった症状も出てきます。

 

首周りに痛みの出る主な原因は、

・頭が前に出ている

・猫背

・椅子からずり落ちそうに腰かけている

 

これらのすべてが後頭下筋群を硬め動かなくなります。

こちらの画像を見て頂ければわかりますが、頭が前に行くだけで、首には4倍もの力が掛かります。

それだけ、筋肉が頑張ってしまっています。

自宅でできるセルフケアとしては

・お風呂に入った時に、首までしっかりお湯に浸かって下さい。

そうすることにより、首周りの血流が改善し症状改善に繋がります。

 

ストレッチとしては、

左の後頭下筋群を伸ばしたい場合

首を前に倒し、少し右に顔を傾け少しだけ右に頭を傾けます。

大後頭直筋、小後頭直筋はほぼ真っすぐなのに対し、下頭斜筋は斜めの走行になっているため、

頭を少しだけ右に傾けます。

 

当院独自のMPF療法で首、肩周りの血流を改善し、患部にアプローチしていく事により、症状改善していく事が出来ます。

佐久市にお住いの方で、頭痛や眩暈、目のかすみなどの症状でお困りの方、一度ご相談ください。

 

 

 

痛みのない日常と活動的な毎日を応援するらいおんハート整骨院 服部でした。

 

 

また、らいおんハート整骨院では交通事故による外傷やむち打ちによる頸椎捻挫を専門とした『むち打ち外来』の開設と、歩行が困難でご通院がなかなかしにくい方の為にご自宅で鍼、灸、マッサージ療法を受けて頂ける『らいおんハート訪問鍼灸院』も併設しております。お困りの事や気になる事がございましたら0267-63-3333 院長 新田 寛記(一度代表に繋がりますので整骨院あてに)までお電話頂ければ幸いです。