こんにちは、らいおんハート整骨院佐久 柔道整復師の服部です。

今回は、交通事故に遭われた際の治療費についてお話をさせて頂きます。

 

治療費を請求する場合は、以下の事について知っている必要があります。

病気や怪我で治療を受ける場合、病院の窓口健康保険証を提示し治療を受け、治療費を支払います。

窓口では、1~3割分支払い、残りは健康保険組合が本人に代わって負担します。

この場合、診療費、検査費、手術費、入院費、投薬費など症状と難易度など治療内容によって診療報酬の基準が点数で決められています。

 

保険の効かない自由診療では、病院側は高収入になる高額な治療法を用いて、医師が医学的に不必要な

診療を行う過剰診療や濃厚診療に繋がってしまいます。

被害者の心的要因や体質的要因により、治療が長引いた場合、保険会社が支払う治療費を減額した

判例があります。

 

医師の指示以外の治療費は認められない・・・

マッサージについては、医師の指示がなくても、障害個所、程度から一部の治療費の支払いを認めた事例は

ありますが、保険会社の事前承認を得ていた方が無難です。

按摩器、座椅子、マッサージ器などについては医師の指示が無いとして、購入費の請求を拒否された判例があります。

 

症状固定後は将来の治療費は必要に応じて

これ以上病状が良くならないと判断された後でも、病状や治療経過により保険会社の治療費の支払いが

特別に認められることもあります。

後遺障害の被害者に症状固定後の治療費や交通費が認められた例があります。

 

痛みのない日常と活動的な毎日を応援するらいおんハート整骨院 服部でした。

 

 

また、らいおんハート整骨院では交通事故による外傷やむち打ちによる頸椎捻挫を専門とした『むち打ち外来』の開設と、歩行が困難でご通院がなかなかしにくい方の為にご自宅で鍼、灸、マッサージ療法を受けて頂ける『らいおんハート訪問鍼灸院』も併設しております。お困りの事や気になる事がございましたら0267-63-3333 院長 新田 寛記(一度代表に繋がりますので整骨院あてに)までお電話頂ければ幸いです。