こんにちは、らいおんハート整骨院佐久 柔道整復師の服部です。

本日は、交通事故にあった際、被害者はどのような損害賠償を請求できるか?をお話させていただきます。

交通事故に遭い被害を受けた際、加害者側に損害賠償の請求が出来ます。

人身事故と物損事故で受けた損害は、積極損害、消極損害、慰謝料(人身事故)に分類されます。

誰にどれだけの金額を請求すればいいかが問題になります。

 

人身事故では、積極・消極損害と慰謝料があります。

積極損害・・・病院などで怪我の治療費、入院費、雑費、交通費、義足など被害者側がその事故の為に

実際に支払ったお金

 

消極損害・・・休業損害、逸失利益のように、被害者が交通事故に遭わなければ手に入ったと予想される

利益で、事故の為失ったお金。

 

慰謝料・・・事故により被害者が受けた肉体的・精神的な苦痛を慰める為のお金。

 

物損事故では、全損の場合被害車両の買い替え価格、一部破損の場合、修理費と評価損の合計金額が賠償されます。

 

分類図

人身事故・・・積極損害(通院交通費、入院雑費、弁護士費用、装具費、家屋等改造費、手術費、治療費など)

消極損害(死亡による逸失利益、後遺症による逸失利益、休業損害)

慰謝料(傷害事故、死亡、後遺症)

 

物損事故・・・積極損害(修理可能だと、修理費、評価損)

(修理不可、事故前の交換価格から事故後のスクラップ価格を差し引いた金額

登録費や車庫証明費用など買い替え費用)

 

消極損害(営業損害、休車損害)

 

*物損事故の場合、取り換えのきかないものに対しては慰謝料を請求する場合もありますが、全く認められません。

上記のような症状やお悩みをお持ちのお方がいらっしゃいましたら是非一度らいおんハート整骨院 服部までご相談ください。

 

痛みのない日常と活動的な毎日を応援するらいおんハート整骨院 服部でした。

 

 

また、らいおんハート整骨院では交通事故による外傷やむち打ちによる頸椎捻挫を専門とした『むち打ち外来』の開設と、歩行が困難でご通院がなかなかしにくい方の為にご自宅で鍼、灸、マッサージ療法を受けて頂ける『らいおんハート訪問鍼灸院』も併設しております。お困りの事や気になる事がございましたら0267-63-3333 院長 新田 寛記(一度代表に繋がりますので整骨院あてに)までお電話頂ければ幸いです。