こんにちは、らいおんハート整骨院佐久 柔道整復師の服部です。

今回は、四十肩と五十肩についてお話をさせて頂きます。

 

四十肩、五十肩とは、肩こりとは違い正式には「肩関節周囲炎」という症候群になります。

原因は明らかになってませんが、肩周りの血液循環が悪化したり筋肉、腱などの性質の変化が起こったり

することで、肩の周辺組織に炎症が起こったりすることにより、腫れや痛みが生じる疾患です。

40~60代の方に多く発症するためこの名称がつけられました。生活環境などの変化により30代の方にも

多く発症すると言われております。

 

セルフチェックとしては以下の動きがスムーズにできない方、痛みの出る方は要注意です

  1. 両腕を前から真上に上げる。
  2. 手のひらを上に向け、両腕を真横から真上に上げる。
  3. 両腕をズボンのポケットに手を入れる。
  4. 両腕を頭の後ろで組む。

 

次に3つの病期についてお話をさせて頂きます。

「急性期」、「慢性期」、「回復期」の3つの病期があります。

急性期・・・この時期は夜寝返りを打つだけで痛みを生じる夜間痛、肩を動かす際に腕や手先にも

痛みや痺れが伝わる場合があります。

 

慢性期・・・急性期の痛みが終わると鈍い痛みに変わり、肩の可動域が制限されます。(肩関節拘縮)

急性期の炎症によって肩周りの筋肉が萎縮し硬くなっているからです。

着替えや髪を洗うことができないなど日常生活にも支障をきたします。

この時期は痛みを感じないほどのストレッチなど無理のない程度に動かすことが大切です。

 

回復期・・・肩関節の拘縮が改善し、少しずつ動かせるようになってきます。痛みは殆どありませんが

この時期でも「肩の動きが非常に悪い」ということもあります。

適度なストレッチで動かしていく事が大切です。

 

ここで一つご紹介させて頂きますのが、肩甲上腕リズムというものです。

腕を横に上げた際に上腕と肩甲骨の可動割合の事です。

腕を横に上げた際に上腕と肩甲骨の動きが2:1の割合で連動しているリズムを肩甲上腕リズムと言います。

次回、肩甲上腕リズムと四十肩、五十肩に関係してくる筋肉について詳しくお話をさせて頂きます。

 

上記のような症状やお悩みをお持ちのお方がいらっしゃいましたら是非一度らいおんハート整骨院 服部までご相談ください。

 

痛みのない日常と活動的な毎日を応援するらいおんハート整骨院 服部でした。

 

 

また、らいおんハート整骨院では交通事故による外傷やむち打ちによる頸椎捻挫を専門とした『むち打ち外来』の開設と、歩行が困難でご通院がなかなかしにくい方の為にご自宅で鍼、灸、マッサージ療法を受けて頂ける『らいおんハート訪問鍼灸院』も併設しております。お困りの事や気になる事がございましたら0267-63-3333 院長 新田 寛記(一度代表に繋がりますので整骨院あてに)までお電話頂ければ幸いです。