こんにちは、らいおんハート整骨院佐久 柔道整復師の服部です。

今回は、事故した際は、誰が病院の支払いをするのか?という内容でお話をさせて頂きます。

 

被害者が立て替えた費用は領収書をもらってください

交通事故が起き負傷者が出た場合、誰が病院の治療費や入院費などの支払いをするのかは、様々なケースがあります。

加害者は保険金で払おうとするし、その保険金の支払いには時間が掛かるからです。現実にはとりあえず被害者側で支払うというケースが多いようです。

交通事故における被害者の怪我の程度が打撲傷や擦過傷のような場合被害者がすぐに病院に行かない場合もあります。むち打ち症のように事故直後には異常を感じなかったのに、何日かしてから急に首が痛くなったり、頭痛や眩暈がしたり、手が痺れたりして発病することもあります。

この様な場合に被害者は、事故後しばらく経ってから病院にいく事になりますが、その際の費用はとりあえず

被害者本人が病院の治療費を支払い、領収書を受け取り、後に加害者側の保険会社に請求し、保険金で支払われるのが通例です。

当初は、物損事故としてだけ警察に処理された場合でも、事故後に発病した時には、交通事故の発生を通報した警察署の担当警察官に診断書を添え負傷したことを直ちに通知して人身事故扱いにしてもらいます。

費用を支払った場合必ず領収書を貰ってください。

 

当座の費用は被害者が支払うことが多い

重傷を伴う場合は、加害者であれ被害者であれ負傷者は救急車で病院に搬送され、直ちに手術など治療を受けることになります。

この間、加害者が怪我していない場合は、警察官の指示により事故現場に残り、状況を聞かれたり、実況見分に立ち会わなければなりません。飲酒運転や死亡事故の場合、その場で現行犯逮捕されることもあります。

したがって被害者が治療受けている病院へ加害者がすぐに行けないこともありますので、とりあえず被害者の方で病院の支払いをすることが多いようです。

上記のような症状やお悩みをお持ちのお方がいらっしゃいましたら是非一度らいおんハート整骨院 服部までご相談ください。

 

痛みのない日常と活動的な毎日を応援するらいおんハート整骨院 服部でした。

 

 

また、らいおんハート整骨院では交通事故による外傷やむち打ちによる頸椎捻挫を専門とした『むち打ち外来』の開設と、歩行が困難でご通院がなかなかしにくい方の為にご自宅で鍼、灸、マッサージ療法を受けて頂ける『らいおんハート訪問鍼灸院』も併設しております。お困りの事や気になる事がございましたら0267-63-3333 院長 新田 寛記(一度代表に繋がりますので整骨院あてに)までお電話頂ければ幸いです。