長野県佐久市のあらゆる痛みの専門院【らいおんハート整骨院佐久】交通事故治療・鍼治療・訪問鍼灸

MPF療法とは

  • HOME »
  • MPF療法とは

当院独自のMPF療法とは

MPF療法とは患部に対して手や指先で触れながら適切な刺激を与え痛みを改善していく施術になります。電気療法や機械とは違い直接患部を手や指で触れるからこそ、患者様への説明も腑に落ち安心納得頂きながら一緒に身体が良くなっていくのを感じられる当院独自の施術になります。

MPF療法では

 

痛みの約80%は筋肉が原因と言われています。その全身約600ある筋肉の中から患者さまの痛みのもと(原因)となっている責任筋硬結(筋肉のしこり)を見つける検査から施術までを行います。

またただのマッサージと違い、MPF療法では特別な研修を受けた先生達が、視診(見て)問診(聞いて)MPF運動検査(絞り込み)触診(触って特定する)一連の流れで原因筋を見つけ施術を行います。一つ一つを患者さまと一緒に動作を確認しながら行うことでより正確に今の痛みの原因を見つけていくことが出来ます。

MPF療法の検査法

視診のポイントには、疼痛抑制姿勢という、痛みを出さないようにしている姿勢が一番のポイントになります。また筋肉のむくみ(循環障害)や局所の脱毛など細かい患部の変化も見逃しません。

問診では、今の痛み(現病歴)について聞くことはもちろんですが、これまでにあった怪我や痛めたところなど、本人が忘れているような事が、今の身体の痛みや歪みに繋がっていることが少なくありません。筋肉は身体の履歴書と言われる所以です。

運動検査では、痛みの出ている筋肉を近づけることで痛みを再現することを行います。特に大切なのは患者さんが今出ている痛みと同じかを確認することです。

そして最後に触診になります。これまでの一連の検査で痛みの原因筋を絞り込んでいるから先生の手が一瞬で患者さんの痛い場所を触れることが出来るのです。「痛いんだけど気持ちがいい」「ただ痛いだけじゃなくて効いている気がする」との声を頂きます。

これまでの臨床経験と科学的根拠を体系的にまとめているから患者さまからは「あ~そこそこ!なんでわかるの?」と驚かれるほど正確に指先で見つけ触れることが可能になりました。これが触れるレントゲンといわれる私たち独自のMPF療法の特徴になります。

ほかの治療と何が違うの?

痛みの元(責任筋硬結という)が見つかれば、あとは当院で研修し学び熟練した先生が、手や指先、肘などを部位やしこりの大きさにより使い分け適切に刺激を入れていくことになります。私達の施術による筋硬結の変化は、超音波の画像でも確認されています。

多くの臨床経験だけでなく、解剖学や生理学など医学的科学的根拠に基づいた理論を学び理解しているから、今の患者さまのお困りの症状に対してしっかりと説明し納得していただけると思います。そして、それぞれの筋肉のしこりの大きさや厚さ、深さなど患者さまご自身でも気づかないような深さや場所まで触っていく事ができます。

その結果、身体に対しての様々な変化を起こし、安心納得して施術を受けて頂けるからこそ症状を早期に和らげることが出来るのです。

 

 

患者さまからよくあるお悩みの症状、痛みの原因や施術方針についてご説明します。

よくあるお困りの症状について


らいおんハート整骨院佐久 受付時間

お気軽にお問い合わせください TEL 0267-77-7521 受付時間 8:30~19:00(日曜除く )

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

診療時間

診療時間
8:30~12:00 ×
14:30~19:00 ×

※祝日はお昼休みなしで8:30~17:00

アクセス

〒385-0046
長野県佐久市前山321-3(旧クアハウス佐久内) TEL 0267-77-7521
FAX 0267-63-5389

PAGETOP