こんばんは、らいおんハート鍼灸整骨院訪問担当の吉田です。

患者さんのお宅にお邪魔して、治療する機会が増えてきました。

本日、訪問で治療した患者さんは、神経痛で歩くと両足の裏を針で

刺されたような感覚や、豆を踏んづけたような感覚、常に靴やスリッパ

を履いている感覚があり、立ち上がり動作、歩行動作が困難な患者さん

です。

訪問にお伺いした患者さんは、腰、骨盤周りから足にかけての筋肉の硬さ

(筋緊張)がとても強い状態でした。この状態では、足先に上手く血流が

行き届かなくなってしまうのです。そうすると、痛みや足が動かしにくい

、足先や足裏の痛み違和感につながってきます。

痛みや違和感を軽減すべく、足先の血流改善を目指し腰から足にかけて

刺激を入れリハビリを行ってきました。訪問を始めて数か月経ちましたが

最近「針で刺された様な感覚は減ってきました。」と喜びのお声を頂いて

ます。

もしこの様な症状で歩行が困難な方は一度ご相談ください。

実費での治療も承っております。